• 葬儀にかかる費用を安くする方法

    葬儀は遺族が故人にお別れを言うための儀式であり、別れの悲しみを乗り越えるための儀式でもあります。

    葬儀の情報サイトへお越しください。

    しかしながら葬儀は非常にお金がかかるものであるとしても知られており、その規模によっては百万円以上の出費になることもあります。ではそうした出費をより抑えるにはどうすれば良いのかというと、ここでまず考えられるのが「呼ぶ人を少なくする」ということです。
    葬儀の際にはさまざまな費用がかかりますが、その中でも特に大きい負担となるのは会場と食事の費用です。

    ここで呼ぶ人を少なくすれば小さな会場を借りるだけで済みますし、食事に関しても格段に費用を節約できるようになります。

    ただ会場を小さくして参加できる人数を少なくするということは、遺族だけでは決められない部分もありますので、実際に来てもらえる弔問客の人数を考えて決めるようにしなくてはなりません。

    また最近比較的多く選ばれるようになってきたのが、葬儀自体をほとんど行わないようにするという方法です。



    例えば葬儀の代わりにお別れの会だけを催して、通夜振舞いや読経などもしないというようにすれば、費用はかなり抑えられます。故人が「わざわざお金をかける必要は無い」というような言葉を残すケースも増えてきましたから、こうした形も立派な選択肢の一つでしょう。ただしかし、こうした場は故人のために何かをしてあげられる最後の機会であるということは忘れてはいけません。
    費用を抑えたいという気持ちは分かりますが、あまりにも質素なものにしてしまうと家族の中から残念がる人が出てくることもあるでしょう。

    そうした事態になると後々の関係に影響が出ることもありますから、しっかりと話し合って決めることが大切です。