日本の伝統的な料理であるおせち料理

お正月に食べるものとしておせち料理は欠かせません。多くの種類のおかずを重箱一杯に詰めたおせち料理は新年を鮮やかに彩ってくれます。おせち料理の歴史は古く、代々受け継がれてきた日本を代表する料理でもあります。おせち料理の始まりは弥生時代までさかのぼります。

当時は作物の収穫をお祝いして神様に捧げるお祭りをしていました。この時に捧げられたものを節供といい、これが起源と言われています。中に詰められているおかずには一つ一つ意味が込められています。商売繁盛や、子孫繁栄など幸せが訪れますようにという願いが込められています。

詰められるおかずは地方によって違いがあります。その地域の特色が現れるので、見比べてみると意外なものが入っていたりしてとても楽しいです。願掛けの意味が強いおせち料理ですが、現代ではあまり中身にこだわりを持たずに好きなおかずを詰める風潮が強くなってきています。新年のお祝いで、願掛けも大事だけど好きなものが食べたいと考える人が増えてきているようです。

百貨店などで販売されているものの中には洋風バージョンとして売り出されているものもあります。技術の発達によって昔は保存の関係で入れられなかったものも入れられるようになってきたので、時代の変化につれて中身が変わってきています。お正月は1年の始まりで、とても特別な意味があります。そのお正月に食べるものはやはりいつもと同じではなく特別な料理を食べるのが習わしになっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です