本格的なもつ鍋を家で楽しもう

もつ鍋は材料が少ないわりに、専門店でしか食べられないイメージだと思います。その理由として、主役のもつ・ホルモンの下処理が難しいこと、しょうゆまたは味噌ベースのスープを手作りしたらかなりの手間がかかることがあげられます。専門店で丁寧にした下処理されたもつは柔らかくて脂身のうまみも抜群です。スープも各々の店がこだわりを持って作っています。

しかし、専門店で食べると野菜ばかり多く、もつを頼むと高くつくこともしばしばあります。こんなときは自分の家でもつ鍋を作ってしまいましょう。まずは普通にガスコンロと鍋を用意します。最近はパック入り鍋スープの素もスーパーでよく見かけるようになりました。

もつ鍋を自宅で作るときはしょうゆベースか味噌鍋のスープの素を購入してください。キャベツ1玉に、ニラはお好きなだけ。ニンニクチップを忘れずにたっぷりと。唐辛子はお好みで入れてください。

肝心のもつですが、スーパーでも購入できますが鮮度に問題があるかもしれないので、できるだけお肉の専門店で購入し、念入りに洗ってください。老舗のもつ鍋専門店では洗濯機を使用して洗うくらいです。丁寧に洗ったら一口大にカットして軽く下茹でします。スープの素を入れた鍋にもつをいれ沸騰させます。

ここですりおろしたニンニクを入れると、専門店のスープの香りに近づきます。グラグラと沸いたところでざく切りにカットしたキャベツとにらを投入して蓋をしてください。このタイミングでニンニクチップ・唐辛子も入れましょう。5分ほど待てば、本格的なもつ鍋の完成です。

しっかり混ぜて、野菜と持つをバランスよく食べてください。締めのちゃんぽん麺も忘れないようにしましょう。鹿児島牛の通販のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です