もつ鍋をヘルシーに食べるためのポイント

もつ鍋はコラーゲンが豊富で美肌効果が高いヘルシーな鍋料理として女性に人気がありますが、食べ方によってはそのヘルシーさが激減してしまうこともあります。それではヘルシーに食べるためにはどんなポイントを押さえておけばよいのでしょうか。まず、もつ鍋をヘルシーに食べるために大切なポイントは、もつと一緒に野菜をたくさん食べるということです。もつには肌をつくる材料となるコラーゲンやアミノ酸が豊富ですが、肌の代謝をスムーズにするにはビタミン・ミネラルをしっかりと摂る必要があるので、ビタミン・ミネラルがバランスよく含まれる野菜をたっぷり鍋に入れて食べることで美肌効果を高めることができます。

もつ鍋にはキャベツや白菜、ニラ、ネギ、ニンニクなどの野菜を入れるのが定番ですが、人参やほうれん草、ピーマンなどのβカロテンが豊富な緑黄色野菜を1つ加えるとさらに栄養バランスがよくなり、美肌効果も高くなります。一方、もつ鍋は濃い目の味付けになりがちなので、塩分を摂り過ぎてしまうことも多いようです。塩分の摂り過ぎは高血圧の原因になるとともに、体内の水分の排出を阻害してむくみにつながるので、スープの塩分は控えめにすることが大切です。また、もつ鍋のつゆ(スープ)には、もつや野菜の旨味がたっぷり溶け込んでいるので、鍋の締めとしてご飯やうどん、ラーメンなどを入れて食べたくなりますが、これはあまりお勧めできません。

これはご飯や麺類を食べると摂取カロリーが高くなって太りやすくなるという理由もありますが、スープには脂肪分も多く含まれているので、締めでスープまで残さず食べてしまうと血中の中性脂肪を増やし、生活習慣病のリスクを高めてしまうためでもあります。残ったスープを捨てるのに抵抗のある方は、翌日に雑炊やラーメンに利用してもよいので、当日の締めは控えるようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です