浅草と東京スカイツリー周辺の特徴と現況

浅草は、雷門から東京スカイツリーまで徒歩で約20分程度と近く、東武伊勢崎線の各駅停車で約3分と合わせて観光することができます。

浅草は、浅草寺の年間参拝者が3、000万人以上とされていますが、東京スカイツリーの来場客数も2、500万人超えている墨田区と台東区を代表する観光スポットです。雷門周辺は、聖徳太子が摂政を務めた飛鳥時代に起源を持つ寺院を有する観光エリアなので江戸時代の雰囲気が強い地区ですが、東京スカイツリー周辺は向島の料亭や月島のもんじゃ焼きなど江戸文化に触れられる一方でソラマチや北斎美術館などの最新観光スポットが数多くあります。

浅草は、三社祭や四万六千日ほおずき市など数百年続く伝統の神事に加えてサンバカーニバルや夏詣などの新しい行事やイベントが開催され、何度も観光に訪れても新鮮味に溢れている観光エリアです。

東京スカイツリー周辺は、施設に依存する観光エリアなのでリピート客の割合が浅草に比べて低い傾向が見られ、展望台への入場料の引き下げなどが検討された経緯もあります。東京スカイツリーは、晴天でも風に弱い弱点があることから修学旅行やツアーのスケジュールを乱すことが多い反面、天候の影響が少なく団体の観光客にも適している観光エリアです。周辺には、2020年東京オリンピックの開催も視野に入れた新規の大型宿泊施設の建設や既存の宿泊施設の改修が行われており、2つの観光エリアは従来よりも宿泊の料金相場が割安になっているので観光しやすくなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *