雷おこしからきびだんごまで浅草土産に最適な和菓子

伝統の街である浅草は、古くから伝わる美味しい和菓子の宝庫でもあります。

浅草土産には和菓子がオススメです。抜群の知名度を誇る和菓子といえば、まず、雷おこしがあります。雷おこしは味をつけたお餅をさらに火で炙って膨らませた餅菓子ですが、絶妙な硬さとほかのお菓子にはない食感が特徴です。現在では、抹茶やチョコレートなどフレーバーも豊富で、子どもから年配の方まで幅広い世代の方へのお土産として重宝しそうです。

仲見世エリアには人形焼のお店がたくさんあるため、人形焼も定番のお土産として親しまれています。人形焼では味だけでなく形も楽しみのひとつですが、五重塔や雷さま、鳩など地元を彷彿させる形のものあり、人形焼はまさに浅草のお土産としてぴったりです。芋羊かんは、高価で庶民の口に入らなかった練羊羹の代わり明治時代に発案されたお菓子だということはご存知でしょうか?芋羊かんがはじめて売られたのが浅草であり、芋羊かん発祥の地と言っても過言ではありません。

滑らかな口当たりとどこか懐かしい自然な甘さは男女問うことなく好まれるでしょう。きびだんごもまたお土産にぴったりです。浅草できびだんごと言うと意外かもしれませんが、江戸時代には地元の名物として庶民を中心に食されていたそうです。現在でも、江戸時代に食べられていたきびだんごを再現して販売しているお店が。熱々で柔らかいできたてのものが食べられるため店頭での実演販売が有名ですが、お土産用のきびだんごもきちんと用意されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *