東京観光で浅草のホテルに宿泊するメリットとは

日本を代表する大都市・東京には、毎年国内外から約650万人もの観光客が集います。

流行の発信地であり、各観光名所やターミナル駅など旅行をするのにふさわしい場所といえます。大規模なホテルが新宿・六本木・お台場などに存在しますが、東京都台東区にある浅草一帯の小規模なホテルが昨今、外国人観光客から人気を得ている傾向があります。浅草には2018年現在計56件のホテル・旅館があり、主に素泊まりと呼ばれる夕食無しの形式を取られているところが多いのが特徴です。以前は遠方からの出張客を対象にしたビジネスホテルでしたが、今はビジネスの利用よりも訪日客の宿泊がほとんどです。

なぜ外国人観光客から支持されているのかというと、宿泊料金の安さと利便性の2つが起因しているといえます。素泊まりなので食事代金が必要ではなく1泊あたり1人約5600円ほどと非常にお安く、物価の高い東京では重宝することでしょう。また和室を備えているホテルと旅館が多いというのも、外国人観光客には魅力的な場所になっています。

観光するうえでは、宿泊地からほど近い場所に観光名所があることも重要になります。浅草であれば、浅草寺・東京スカイツリー・隅田川・月島といった古き良き東京の景色と、新しい観光地が集結した場所なので利便性も非常に高いです。これらを踏まえると、メリットが数多くある浅草は旅行時に利用する宿泊場所には申し分がないところだとわかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *