雷門などのある浅草へ旅行する場合は早めにホテル予約

旅行と言えば、地方の温泉のある所で、料理も美味しく風光明媚な所とイメージされている人もいるかもしれませんが、それだけではありません。

例えば、東京にも旅行に相応しい場所があります。それは古くからあり全国的にもよく知られている浅草です。そこにあるものと言えば、まずは雷門、そしてそこから中へ入ったところにある仲見世通りでしょう。その先には浅草寺(せんそうじ)もあり、お参りも出来ますし、五重塔も建っているので見応えがあります。場所によっては五重塔を見ながら、その奥には東京スカイツリーが立っている姿も見ることが出来ます。新旧の塔が並ぶ姿は絵になると思います。

さて、雷門と言えば、赤い大きな提灯が有名です。朱色の山門の屋根からぶら下がっていて、太い文字で縦に「雷門」と書かれているのでとても迫力を感じるはずです。その前の通りには、人力車が走っており、それに乗って浅草の名所を巡ることも出来ます。浅草と言えば雷門と仲見世通りと考えているかもしれませんが、人力車はその他の名所をいくつか巡ってくれるので、新たな発見が出来るでしょう。少し足をのばせば、先程紹介した東京スカイツリーもありますし、上野の動物園も地下鉄などですぐに行くことが出来ます。

ところで、そういう東京へ旅行に行く場合、1日でまわるには大変ですし、ホテルに泊まって数日滞在するといいかもしれません。鉄道各社の浅草駅の周辺にはホテルがありますし、大手のホテルチェーンなどもあります。もちろん雷門や仲見世通りなどは海外の方々にも人気ですし、旅行シーズンともなればホテルが取り辛いこともあるかもしれません。そういった場合は、周辺で探してみるといいと思います。ですが基本は早め早めの予約が肝心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *